--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011.07.01 *Fri

唯々切なさばかりが募って、

夢の中。

自分の住む町。
そして、絶対にいるはずのない人たち。


みんながいて、

あの人がいた。


笑いかけてくれる顔はあの時のまま。
軽口を言うところも、思い出と同じ。

ひとり、またひとり
みんなの姿が消えていって、
二人きりになってしまった時。

どちらからともなく繋いだ手は、とても温かくて。
その感触さえリアルで。


目が覚めて
すべて夢だったのだと理解した瞬間、
唯々あの人に会いたくて、恋しくて。

切なさだけが募っていって。


好きだったのよ、とただ泣いた。
CATEGORY :

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

星が見える名言集100



カテゴリー



プロフィール

桐嶋カンナ

Author:桐嶋カンナ
熱しやすく冷めやすいです。
平和をこよなく愛する学生やってます。



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 桐嶋の日記。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。