FC2ブログ
--.--.-- *--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009.04.02 *Thu

正夢なんて冗談じゃない!

またまた短編を投下します。
あ!拍手押してくださった方、ありがとうございます!

さてさて、これは続くのか…?


-----
『ずっとさ、お前だけが好きだったんだ』


小さく笑って彼は泣いた。










「――――…さいっあく」


なんという最低の朝だろう。これほどまでに最低な朝が今までにあっただろうか。否。
夢見も寝起きも最悪だ。一日の始まりがこれでは今日これからが思いやられる。

はあ、と深くため息をついて私はベッドから起き上がると、とりあえず風呂場に向かった。
こんな気分はさっさと洗い流してしまうに限る。


「うわ…泣いてるし‥」


鏡を見て思わず眉を顰める。それは、うっすらと頬に残る涙の跡。
情けない顔をした鏡の中の自分を睨んで、ばたんっと力いっぱい風呂場の戸を閉めた。


夢に以前好きだった男が出てきた。
たったそれだけのこと。
それなのにどうしてこんなに気分が悪いのか。

答えは簡単。


今もまだあいつのことを忘れられていなくて、夢の中であいつに好きだと言われた時、うれしかったからだ。


「というか、どうして今更あいつの夢なんか見るのよっ」


あいつと縁が切れたのはもう4年も昔のこと。
今になってあいつの夢を見るなんてどうかしてる。
長年丹念に手入れを施してきた傷みのない髪を思わずグシャグシャにしそうになって我に返った。危ない危ない。


「まさか、何かの予言!?…………まさかねー!そんなバカなことあるはずもなし!」


そうだ、予言だとか予知夢だとかそんなことあっていいはずがない。
これは何かの気の迷いだ。夢に出てきたのだってもしかしたら別の男だったかもしれない。



そうよ。これは何かの間違い。








朝の憂鬱な気分もお昼になるとすっかりどこかへ消え去っていた。
忙しい私にたかが夢ごときで悩んでいる暇など存在しないのだ。仕事をせねば!
と、その前に腹ごしらえ。腹が減っては仕事はできない。

今はお昼休み。
やれるだけの仕事をしていたおかげでフロアーには私一人。
この時間帯にフロアーに社員がいることはほとんどない。
皆それぞれお昼を食べに出かけているということもあるけれど、第一の理由はなんといってもうちの会社の社員食堂だろう。
うちの社員食堂のご飯は超美味で有名!それに小さな会社だから食堂には全社員が収まることができる。
人が多すぎて座れない、なんてことにはならないからお金をかけたくない社員たちには打ってつけ。
そのため、お昼時になると全フロアーから社員たちがこぞって集まるのだ。
ぐっと伸びをして凝った筋を伸ばすと体からぽきぽきと良い音が鳴る。
私は会社の制服の上からカーディガンを羽織り財布と携帯を持ってフロアーを後にした。

行先はもちろん社員食堂、ではなくて、最近会社の近くにできたイタリアンのお店。
同僚の咲子と後輩の和奈ちゃんとお昼を食べる約束をしているのだ。
二人はもう先に行って私の到着を待っている。急がなければ。
人ごみを縫いながら早足で歩いていく。


「―――ひなた」


その時喧騒の町中で私を呼ぶ声が聞こえた。
四年前まで毎日のように聴いていたものと同じ、あいつの声。
朝あんな夢を見たから遂に幻聴まで聞こえだしたのだろうか…。
不吉だ、と聞こえなかったことにしてそのまま歩いていると不意に肩を掴まれた。


「え…っ」
「ひなた、だよな?」


振り向かされた先にいたのは、


「秦(しん)っ?」


最悪な朝となった元凶。
やはりあの夢は何かの暗示だったのか!


CATEGORY :

COMMENT

ぜひ
ぜひ続けてください…!!
続きが気になる今日この頃です(・∀・)(コラ
2009/04/03(金) 14:21:13 | URL | 加月ケイ #- [Edit
ありがとう!
続きが気になるというありがたいお言葉、どうもです!
でも書いた私ですら続きが思い浮かばないと言う…(笑)
笑い事でもないけど、気長にお待ちいただければ幸いです~。
ケイさんも書きたいものがあったらじゃんじゃん書いていいからね。
浮気症とかそれは私も同じことだしさ!(´▽`)アハハ‥
2009/04/03(金) 19:41:06 | URL | 桐嶋カンナ #/QjCk4EU [Edit
とても面白そうな話でした!!続き楽しみにしてます。
テンポがよくてとても読みやすくて、どんどんカンナさんワールドに引き込まれました!!!
2009/04/05(日) 15:58:52 | URL | なな #- [Edit
ありがとうございますー!
面白そうと言っていただけて感動です!ありがとうございます。
続きまで楽しみにしてくださって…頑張らないと!
今回のものはおそらく他の小説と比べて書き方がだいぶ違うのではないかと思います。
書いている私自身もぽんぽんと言葉が飛び出してきて書いてて楽しかったですし^^
続きもテンポ良くかけたらいいんですが(笑)
そう上手くいかないのが私…!
ですのであまり期待せずにお待ちいただければ幸いです。
コメントありがとうございました!
2009/04/05(日) 22:11:06 | URL | 桐嶋カンナ #/QjCk4EU [Edit

Comment Form


秘密にする
 

星が見える名言集100



カテゴリー



プロフィール

桐嶋カンナ

Author:桐嶋カンナ
熱しやすく冷めやすいです。
平和をこよなく愛する学生やってます。



カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



最近の記事



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
Copyright © 桐嶋の日記。 All Rights Reserved.
テンプレート配布者: サリイ  ・・・  素材: ふるるか  ・・・ 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。